ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

【営業時間】
 10:00〜19:00
 木曜 定休

手作り作り一問一答
ペットホテルフィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎
ペットホテル フィルウ ブログ 三毛猫 花(はな)のトリミングレポート
APNA ペット食育協会認定 上級インストラクター  ></td></tr>

			<tr><td style=お客様写真館
rss atom
ビワの葉エキス
びわは、昔から中国やインドでその葉や木、種にすばらしい薬効があるとされ、民間療法から漢方薬としてまで、古くからその葉や種、エキスがさまざまな民間療法に用いられてきました。

特にビワの葉は、患部にそのまま生葉をあてたり、温灸に使ったり、湿布やクリームとして使ったりすることができる優れものです。その中でもビワの葉を焼酎につけこんで作ったビワの葉のエキスは、痛みや炎症が生じているときに重宝します。

ガーゼにビワの葉エキスを含ませて患部に直接塗る、患部に当ててしばらくおく、蒸しタオルをガーゼの上に当てて温めるのも有効です。

原液そのままもしくは2〜3倍に薄めてお使いください。
※原液を直接患部に使用した場合、アルコール成分がしみることがございます。その場合は使用分を湯煎などでアルコール成分を揮発させてからご使用ください。

※びわの葉エキスの詳細は、フィルウのホームページでもご覧いただけます。
http://www.filou.jp/shop/f_biwa.html
 

<<びわエキス体験談>>
●内股の赤くなっている部分に、コットンにしみこませたビワエキスを塗ると、しばらくすると赤味が引いてかゆがらなくなりました(10歳 M.シュナウザー)
●虫に刺されて腫れてしまった部分にしばらくコットンにしみこませたビワエキスを塗っておくと、腫れが引きました(11歳 ボストンテリア)
●ワセリンにビワエキスを混ぜ合わせて軟膏として湿疹などに使っています(5歳 柴犬)
●腎臓の上に温湿布として使用すると、とても気持ちよさそうにしています(12歳 M.ダックス)
●膀胱炎の猫の膀胱に温湿布を当てていたら、頻尿が改善されました(年齢不明 日本猫)
 
【内容量】200ml

【原料】びわ葉、焼酎

【保存方法 】常温保存が可能ですが、直射日光は避けてください。アルコールを飛ばした場合は、2日以内に使い切ってください。



・ 販売価格

1,200円(税抜)

・ 購入数